魅力を感じる印鑑セット

女性ファッションイメージ

先日届いたファッションカタログがあるのですが、こういったカタログの類にはいつも健康食品のチラシや保険会社のチラシなどがたくさん同封されていることが多いです。

カタログが届くのは構わないのですが、このチラシ、同封しないといけないのは分かるけれど、何とかならないものかなと思いながらチラシを整理していたら、ありました。

そのカタログにいつもは入ってこない類のチラシが…印鑑販売のチラシが。
印鑑ときたらやっぱり目がいってしまうのは、はんこ好き人間にとっては仕方のないことなのです…いや多分私だけかと思いますが。

で、そのチラシは「開運」の印鑑を紹介していて、運勢がいい方向へいきますようにという願いを込めた開運印鑑を販売していました。
その中で、気になる印鑑紹介がありました。

それは、「女性三宝印」という名前の印鑑です。
「三宝印」というと、認印・銀行印・実印の3本のことでしょうか。
そして「女性」と頭にその言葉がつくのを見ると、女性用に特別に作られた3本の印鑑のことでしょうか。

印鑑に、女性用と男性用なんて区別をつけることが出来るのでしょうか…「これは特に女性に人気」、という紹介なら分かるのですが…。
何か特別な仕様となっているのかなど、色々と考えつつ、その「女性三宝印」の紹介を読んでみました。

…結果、特に女性用に特別に何かをあしらった印鑑ではないようです。
何でも、昨今の女性は社会進出がめざましいゆえ、印鑑を使う機会も今後増えるのではないか」といった内容で、実印と銀行印をどちらも直径13.5mm以上で作ると、女性にとっては吉とされる印鑑になるとのこと。

これは本当のことなのでしょうか。
女性三宝印の歴史などがあったら、小さいスペースに載せていないでもっと大きく歴史と共に紹介するべきだと思います。
本当だとしたら、素晴らしい歴史ではないですか。

女性三宝印なんて名前、初耳ですよ!女性としては、魅力を感じる印鑑セットです。
どうして今まで大体的に紹介されなかったのでしょうか、不思議ですね。

ちなみに、女性三宝印の紹介はされていても、そのチラシではセットの販売はされていないみたいなので、実印・銀行印は13.5mm以上でという重要な部分を忘れずに、印鑑を作りにいってみてはいかがでしょう。

ちなみに、認印にはサイズの指定はなかったので、通常使われるサイズで問題はないと思います。
印鑑作りの際には、こういうちょっとした情報も耳にしておくといいかもしれませんね。
情報がありすぎるとかえって混乱して、結局どんな印鑑がいいの?となってしまいますので注意しないといけませんが(笑)。

ページの先頭へ